鍋屋バイテック 期間限定キャンペーン NBK LEM-10A-20-OR-COR 74%OFF 直送品 1個

鍋屋バイテック(NBK) LEM-10A-20-OR-COR 1個(直送品)

鍋屋バイテック NBK LEM-10A-20-OR-COR 【74%OFF!】 直送品 1個 鍋屋バイテック NBK LEM-10A-20-OR-COR 【74%OFF!】 直送品 1個 390円 鍋屋バイテック(NBK) LEM-10A-20-OR-COR 1個(直送品) 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 フレーム/筐体部品/キャスター レバー/ハンドル/ノブ/取っ手/グリップ/握り玉 レバー(FA関連) LEM-C プラクランプレバー(おねじ) - 操作ボタンつき _1 crossroad-hostel.com,1個(直送品),/blanketless5286662.html,機械部品/空圧機器/電気・電子部品 , フレーム/筐体部品/キャスター , レバー/ハンドル/ノブ/取っ手/グリップ/握り玉 , レバー(FA関連) , LEM-C プラクランプレバー(おねじ) - 操作ボタンつき _1,390円,LEM-10A-20-OR-COR,鍋屋バイテック(NBK) 390円 鍋屋バイテック(NBK) LEM-10A-20-OR-COR 1個(直送品) 機械部品/空圧機器/電気・電子部品 フレーム/筐体部品/キャスター レバー/ハンドル/ノブ/取っ手/グリップ/握り玉 レバー(FA関連) LEM-C プラクランプレバー(おねじ) - 操作ボタンつき _1 crossroad-hostel.com,1個(直送品),/blanketless5286662.html,機械部品/空圧機器/電気・電子部品 , フレーム/筐体部品/キャスター , レバー/ハンドル/ノブ/取っ手/グリップ/握り玉 , レバー(FA関連) , LEM-C プラクランプレバー(おねじ) - 操作ボタンつき _1,390円,LEM-10A-20-OR-COR,鍋屋バイテック(NBK)

390円

鍋屋バイテック(NBK) LEM-10A-20-OR-COR 1個(直送品)

商品の特徴 操作ボタンつきのプラクランプレバー。おねじタイプ。位置調整でレバー部を引き上げるとき、操作ボタンがあると、力が加わりやすく操作が容易になります。亜鉛ダイカスト製のセレーションリングをプラスティック製レバー本体にインサート。金属製のねじのセレーションとのかみ合いにも充分な強度を実現しています。M3ーM12の豊富なねじサイズ。
商品仕様 メーカー 鍋屋バイテック ブランド 鍋屋バイテック(NBK)
本体カラー OR 歯数 24
最大締付力(kN) 11 R 63
キャップカラー OR D 17.5
H 46.3 d 13.5
h 31 s 6.5
M(並目) M10 Lm 20
H’ 50.3 最大荷重(N) 240

「D」「R」「h」 などの 違いで 全90商品 あります。

備考 【返品について】お客様のご都合による返品はお受けできません。
商品詳細情報
  • メーカーサイトはこちら。 newwindow

鍋屋バイテック(NBK) LEM-10A-20-OR-COR 1個(直送品)

分列式
ポリシー
00:48
ヴァトゥティン将軍の灰の上
00:46
バイデンはロシアに対話を提供します。 しかし、あなたは何について話すことに同意しますか?
00:29
ヤヌコビッチは2014年のクーデターに合法性の類似性を与えることを拒否します
00:26
ヌーランド対バイデン:ホワイトハウスの責任者は誰ですか?
23:27
ウクライナはロシアの侵略の公の否定に対する責任を導入します
21:17
ロシア人よりもウクライナがNATOに加盟することで脅かされている
20:37
ワルシャワとブリュッセルの紛争はどこまで続くのでしょうか?
20:34
ナザルバエフ-クリミアについてだけでなく、おとぎ話は嘘ですが、ヒントはどこにありますか?
20:32
新しいEUの反ロシア制裁は、米国と英国の利益になります
20:30
ロシアにもかかわらず:南コーカサスの西側の計画はジョージアをダチョウのポーズに置きました
20:29
パニック:ウクライナ人は森の中に移動し、掘り出し物を掘りました
19:31
秩序ある人に電話する:リヴィウの住民はキエフにロシアの名前を変更するよう要求する
18:57
彼らは約束されたXNUMX年を待っていました。 ベグロフの到着でピーターズバーグは変わりましたか
18:52
BlokhinはNATO諸国へのプーチンの警告を解読した
18:35
連邦院のマザー・ソブチャクは「西の僕」と呼んだ
経済

年金2022年:返品はカウントできません

不人気な改革は取り消すことはできませんが、定期的に修正することは可能であり、必要でさえあります...

死んだアイデア:国連は軍事人工知能を禁止する計画

読者の選択